ポジショントラッキングで22世紀を体感する-ドラえもんVR

あんなこといいな、できたらいいな。
日本で最も身近なSF漫画、『ドラえもん』。

ドラえもんが4次元ポケットから出すひみつ道具を使ってみたい!
そんな思いは誰もが思い描いたことでしょう。

ドラえもんVR

さて、今回のドラえもんVRを技術的な側面から見てみると、
その成功は「ポジショントラッキング」技術に掛かっていると言えるでしょう。

実際に手で触れているどこでもドアと
VRゴーグルで見るどこでもドアの位置がぴったり一致していないと、
体験者には違和感が感じられてしまいます。

また、どこでもドアを通って南極の氷の上に立った時、
南極の氷が自分の足のすぐ下の距離にあるように感じられなければいけません。

このように体験者から見える映像を実際のどこでもドア、床などの位置
とぴったり同じにする技術を「ポジショントラッキング」と言い、
違和感なくVR世界に没入するためには非常に大切なものなんですね。

憧れのひみつ道具、「どこでもドア」!
この道具を使えば、瞬時に地球上のどの場所とでも空間がつながり、
歩いて移動出来てしまうという素晴らしいものです。

そんなひみつ道具「どこでもドア」がVR技術の発達により、
東京の特設会場にて体験できちゃいます!

今春公開の映画『映画ドラえもん のび太の南極カチコチ大冒険』を記念して、
2月20日(月)より東京ソラマチにてドラえもんVR「どこでもドア」が開催されます。

2017/2/20(月)~4/14(金)
東京ソラマチ3F12番地 特設会場

当イベントは予約制で、公式HPにて30日先までの予約が可能です。
詳しくは公式HPをご覧ください。

公式HP
ドラえもんVR「どこでもドア」

東京にお立ち寄りの際には、ぜひ夢の体験をしてみてはいかがでしょうか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です